全米第三の都市であるシカゴには、ありとあらゆる「遊び」の機会が設けられています。シカゴの学生は勉強・就職活動だけでなく、友人とのパーティーや家族との時間にも全力を注いで楽しんでいます。

オフィシャルパーティー

秋学期のオリエンテーションを皮切りにコホート(クラス)、サークル、個人的な集まり等、様々なパーティーが一年中催されています。ここは友達をつくる絶好のチャンスです。特に毎週木曜日夜にダウンタウンで開催されるTNDC、毎週金曜日にハーパーセンター(Booth校舎)のウインターガーデンで開催されるLPF(こちらは学生とその家族は無料で食べ放題飲み放題です)はお薦めです。9月に新入生が招待されるSemi Formalは、世界最大の屋内水族館、Shedd Aquariumにて開かれ、イルカショーを観たり深海魚を観たりしながらソーシャライジングが楽しめました。1月のWinter Formalでは、将来のエグゼクティブ候補の社交界を垣間みることができ、特に女性のファッションが見物です。5月中旬にあるSemi Formalでは夜の2:00近くまで一昔前のDisco musicで狂ったように踊るアメリカ人を見ることができます。

ホームパーティーなど

毎日どこかでバースデイパーティーやホームパーティーが開催されています。パーティーの案内はお互いにメールを転送しあうので、全然知らない人のパーティーに招待されることがよくあります。友人の家やLincoln Parkのクラブがよく利用されます。その他、ハロウィーンやエスニックパーティーなど体力と財力の続く限り遊び続けることが可能です。

パブ@キャンパス

ハーパーセンターに隣接するIda Noyes Hall の地下にあります。終末の木曜・金曜はBOOTHの学生がうようよしています。学生団体のカジュアルな集まりもここで頻繁に開かれています。仲良くなった友人達とつるんだり、新しい友人をつくったりするのに良い場所でしょう。