Life in Chicago

家族帯同 @ Chicago

こんにちは、Class of 2020のT.K.です。

今回はアカデミックな話題ではなく、家族帯同でChicagoに来る可能性がある方向けに子供を連れて楽しめる場所を中心に居住エリア周辺にある様々な施設を紹介させていただきます(もちろん大人の方だけでも楽しめます)。

 私自身は妻と子供二人(渡米時点で4歳の長男と生後2ヶ月の次男)と一緒にChicagoに移り住んできましたが、自分が学業に集中するためには、家族が現地の生活をエンジョイすることが非常に重要だと実感しました。そういう観点ではChicagoには大都市ならではの豊富なオポチュニティがあり、大変助かってます。

 ①    Chicago Children's Museum (Navy Pier内)

居住エリアから徒歩20分程度のところにあるNavy Pierという複合商業施設の中にある子供向け博物館です。幼児から小学生まで各年齢に合わせた遊び場があり、見たり、触ったり、走り回ったりして一日中楽しめます。また、Navy Pierには大きなフードコートや観覧車などの乗り物もあるので、博物館を出たあとも楽しめる場所がたくさんあります。ちなみに毎週木曜日の夕方と毎月第一日曜日は博物館の入場が無料です。

URL: https://www.chicagochildrensmuseum.org/

 

②    Shedd Aquarium

居住エリアから徒歩30分程度(車だと10分程度)のところにある、シカゴ最大の水族館です。32,000(1,500種)を超える海洋生物を有しており、敷地も相当広く、日本でも同規模以上の水族館は数えるほどかと思います。世界中の海洋生物が展示されており、生息地域別に展示エリアが分かれており、見どころ満載です。ちなみに、シカゴ市民は常に入場料が半額になるうえ(図書館カード、免許証、郵便物などによる証明が必要)、イリノイ州民の入場料が無料になる日も設定されています。

URL: https://www.sheddaquarium.org/

 

③    Field Museum

Shedd Aquariumに隣接しており、恐竜の化石、動植物の剥製、昔の人の暮らしの風景などが展示されています。中でも一番有名なのが、世界で最も完全に近いT.REXの全体標本であるSue(愛称)の展示です。やや大人向けの展示が多いため、子供連れの場合は小学生以上の方が楽しめるかもしれません。

URL: https://www.fieldmuseum.org/

 

④    Maggie Daley Park

観光名所として有名なMillennium Parkに隣接する公園で、巨大な屋外遊具(無料)があります。居住エリアからは徒歩5分程度ですので、週末にふらりと気軽に遊びに来ることができます。また、冬場にはアイススケートリンクが開設され、入場料は無料です。スケート靴をレンタルする場合は一人一日$15となります。連休中は靴をレンタルするのに長蛇の列ができることもあるので、スポーツ用品店などでスケート靴を購入するのもおすすめです(初心者用だと$60程度で買えますので4回行けば元が取れます)。

URL: https://maggiedaleypark.com/

 

⑤    Lake Shore East Park

住居エリア内にある公園で、滑り台やブランコといった遊具に加えて、広い芝生が広がったエリアもあります。普通の公園ではありますが、最も遊ばせることの多い場所です。公園を囲むようにマンションが立ち並んでおり、Downtownの喧騒とは隔離されているため、非常に安心して子供を遊ばせることができます。また、周囲のマンションにはBooth生以外にも子供連れの日本人家族が複数住んでいるため、子供同士が公園で一緒に遊ぶこともよくあります。冬場は雪遊びやソリ遊びなどが気軽にでき、冬のシカゴを子供と満喫できます。

 

⑥    Lincoln Park Zoo

バスで北に15分程度のところにあるLincoln Parkという公園内にある動物園で、1年を通じて入場料が無料です。無料とは思えないほどの展示の豊富さがあり、巨大な屋内遊具もあるので、子供連れにはうってつけの施設です。カフェテリアや売店なども所々にあるので、手ぶらで来園しても、一日中楽しむことができます。また、冬場には夜間のライトアップや各種イベントなども開催されます。

URL: https://www.lpzoo.org/

 

⑦    Museum of Science and Industry

Chicago大学のメインキャンパス近辺にあり、居住エリアからだとMetra(電車)もしくは車(Uber)での移動となります。名前のとおり、科学関連の展示が中心となっておりますが、目で見て体験できる展示が多く、未就学児でも楽しめるような内容になってます。中にはヒヨコの孵化が見られる展示もあり、ヒヨコが生まれる瞬間を常時見ることができます。常設展だけでも、全てを1日で見るには難しいほどの量があり、充実した内容となっております。なお、当博物館もシカゴ市民の入場料割引とイリノイ州民のFree dayが設定されています。

URL: https://www.msichicago.org/

 

これらの場所は、勉強に疲れたときに御家族を連れて息抜きをするにも良いですし、グループワークや授業の課題などで家を空けるときに御家族に楽しんでもらうにも良いですし、他の家族と一緒にいっても楽しいと思います。また、今回ご紹介した施設以外にもたくさんの遊び場がありますので、Chicagoにお越しの際は、是非、散策していただければと思います。

Chicago周辺の日本人研究者による研究交流会

シカゴでは学校のイベント以外でも日本人と交流することが可能です。
先日、Chicago周辺の日本人研究者による研究交流会 (Japanese Researchers Crossing in Chicago: JRCC)に参加しましたので、簡単にレポートしたいと思います。

会の趣旨として、シカゴ周辺で研究を行っている大学院生・ポスドクの方の研究内容を聞くと同時に、親睦を深めるのが挙げられます。多くの参加者は研究職に就いていましたが、それ以外にも企業に勤務している方やパートナー等もいました。
今回は3人が、それぞれ以下トピックについて話されました。(結構専門的な内容で、話についていくのに苦労しました。。。)
・量子コンピューター
・抗がん剤 (発表者は四ツ谷でバーを経営してるのこと)
・量子重力

普段授業・課外活動・就活で忙しい中、こうした話を聞くのは中々ないので、非常に面白かったです。
年3-4回開催されるのことで、また機会があれば是非参加したいと思ってます。

Partnerの英語学習について

Class of 2019のL.Tです。2nd Round出願者の方、大変お疲れ様でした。これからインタビュー対策も控えているかと思いますが、あと少しのプロセスですので自分を信じて頑張ってください!多くの方がChicago Boothに合格されることを在校生一同願っております。

今回はパートナーの英語学習について書きたいと思います。折角アメリカに住むんだから英語を勉強したい!というパートナーの方は案外多いと思いますが、我が家も例外ではなく、渡米してから試行錯誤しながら色々とトライしてみました。

まず、Tutor(家庭教師)を探しました。私の家は1歳の娘がおり、最初のうちは妻が1人で外出することが難しかったので、「それならば家に呼んでしまおう」という発想で試したものです。Thumbtackというマッチングサイトで「Japanese Student」「Beginner」「With Baby」「At Home」などのキーワードをかけて募集したところ、即日に3人から打診があり驚きました。結果、日本にも2年住んだことのある経験豊富なTutorと契約合意し、週に1度自宅に来て英会話を教えてもらっています(生々しいですが$30/hourです)。

次に、UChicagoが提供している英語プログラムに参加しました。UChicagoにはEnglish Language Instituteという留学生向けの語学教育機関があるのですが、そこでパートナー向けの英会話プログラムが開講されており利用したものです。アジア系の方が多かったようですが、やはり同じ境遇どうしで話も合い、友達作りにも役立ったようです。こちらは教材費として$100かかりますが、その他授業料は無料で開かれており、頻度も1.5hour/回×週3回×8週間と豊富で密度は濃かったようです。

今は、シカゴダウンタウンにあるCommunity College(いわゆる短大)に通っています。シカゴはCommunity Collegeが豊富にあり、その中のいくつかは外国人向けに英語教育を提供しています。私は車を持っていないのですが、電車で通えるところに評判の良い学校があったので、そちらの英会話プログラムに通うことにしました。驚くことに、4hour/回×週1回×5ヶ月の内容で授業料は無料です。

また、一番手っ取り早い方法として、Booth生のパートナー友達が挙げられます。BoothにはPartners Clubというパートナーの為の公式クラブがあり、「Booth生が勉強や就職活動で忙しい2年間を私たちは私たちで有意義に 楽しみましょう」という目的でできているとてもカジュアルな会です。料理教室やシカゴ散策など年中様々なイベントが企画されており、興味があるものに参加して楽しんでいます。また、私は気の合った人がいたらなるべく家族どうしで個別に食事をセットするようにして、パートナーどうしをつなげるように意識しています。こうした友達作りで、チャットしたり遊びに行ったりして生きた英語を学べているようです。

尚、妻がUChicagoやCommunity Collegeに参加している間の子どもの世話は基本的に私がしているのですが、Study Groupの打合せが入った時などはBaby Sitterを使うようにしています。アメリカはSitter文化が根付いており、先ほど述べたPartners ClubやBooth生の知り合い経由で簡単に探すことができ、良心的な価格で子どもの面倒を見てくれます(だいたい$12~15/hourくらい)。急な用事で「明日Sitterが必要!」という時でも、Booth生(のパートナー)の抜群のネットワークで大体は見つけることができ、大いに助けられています。

こうした豊富な機会を享受できるのは、都会の真ん中に住んでいることのメリットだと思っています。私は受験時のWhy Booth?の答えの1つに「シカゴにあるから」という回答を挙げていましたが、シカゴという街に住めることはパートナーの方にとっても間違いなく大きなアドバンテージだと実感しますので、パートナーがいらっしゃる方は参考にしてみてください。

Thanksgiving

こんにちは。Class of 2019のUZです。

今週アメリカはThanksgiving Holidayということで木曜から4連休でした。

Thanksgivingは日本語では感謝祭と訳されており、17世紀アメリカ大陸に入植した開拓者が原住民から新大陸での栽培の知識を得たことで厳しい冬を乗り切ることが出来たことに感謝し、共に収穫を祝うようになったことが起源とされております。

アメリカではThanksgivingに故郷の家族のもとに帰り、家族全員で七面鳥とパンプキンパイを食べるというのが習わしとなっていますが、実際、水曜日の授業では多くの学生が帰省用の大きな荷物を持って学校に来ており、教授も飛行機の時間に配慮して早めに授業を切り上げるというような状況でした。

我々留学生は流石に4日間で故郷に帰るわけにはいかないのですが、留学生にもThanksgivingの雰囲気を味わってもらいたいということでGraduate Business Council(生徒会)主導でThanksgiving Dinnerを開催してくれたのでそれに参加してきました。

ダウンタウンにある雰囲気の良いアメリカンレストランの地下フロアを貸し切って行われ、地元に帰らないアメリカ人含め総勢50名超の参加者と共にTraditionalな七面鳥料理とパンプキンパイに舌鼓を打つという贅沢な時間でした。

久しぶりに会う友人も多かったのですが、皆就職活動とFinal Examに向けた勉強で忙殺されており、なかなかにストレスが溜まっている様子でした。ならばということで、もともと日本人と韓国人の友人数名で予定していた二次会のカラオケパーティを全体にアナウンスしてみたところ、参加者が大勢集まり、結局20名以上での大カラオケパーティがThanksgiving Dinner後に開催されることに。Booth生の居住エリアから徒歩10分くらいのところにある『』というカラオケバーにて深夜まで宴が続きました。

経験則として、アメリカ人はあまり歌が上手くない(カラオケに慣れていない)という印象があったのですが、今回のメンバーはなかなか聞かせる面子が揃っており、しっとりとしたバラードからノリノリのロックまで、さすがに流暢な英語で歌いあげておりました。色々な国籍の学生が参加していたのですが、やはりLet It GoA Whole New WorldなどのDisney song、I Don’t Want to Miss a ThingMy Heart Will go On等有名映画の主題歌はglobal reachを誇っており、尋常では無い一体感を生み出していました。また、アジアの曲ではやはりGangnam Styleは破壊力がありました(ピコ太郎は歌ってないので分かりません)。あと、韓国人で一人宇多田ヒカルのFirst Loveを歌っている人がいました。

途中からほぼカラオケの話になってしまいましたが、Thanksgiving中は他にもBlack Friday、Cyber MondayというBig Saleが開催され、各種冬支度を行うのにも良い期間です。また、MBA生にとっては遠距離恋愛をしているカップルが地元で久しぶりに会い、将来の方向性の違いから別れるという通称Turkey Dropと呼ばれるイベントが起こる時期としても知られています(現象に関する分析はこちらから)。色々な意味で重要な休日なのだなと勉強になりました。

Graduate Business Council主催のThanksgiving dinnerにて

Graduate Business Council主催のThanksgiving dinnerにて

Cubs観戦記

こんにちは。Class of 2019のUZです。

今週末はLabor Dayということで三連休だったのですが、休みを利用してClass of 2019の友人と地元シカゴのMLBチーム、シカゴ・カブスの試合を観戦してきました。

カブスは過去には福留選手や藤川選手、川崎選手等が在籍し、現在も上原選手が在籍する日本でも比較的familiarな球団ですが、アメリカのおいてはヤンキース、レッドソックス等と共に全国区での知名度を有する押しも押されぬ人気球団です(歴史も長く、熱狂的なファンがいることから個人的には阪神タイガースのような球団だと感じています)。

幼少期からずっと野球をプレイしてきた自分にとって、MLBの生観戦は悲願であり、球場に入り、天然芝に覆われた美しいグラウンドを目にした際は思わず目頭が熱くなりました。

試合はと言うと、まさにメジャーリーグというパワーとパワーのぶつかり合いで、両軍6本のホームランが飛び出した試合を14-12でカブスが制するという好ゲームでした。日本のプロ野球の応援のような応援歌はありませんが、ピンチやチャンスでは自然と手拍子が起こり、ホームランやファインプレーはスタンディングオベーションで讃える等、観客が試合の雰囲気を上手に作り出しているのが印象的でした。また、7回終了時には伝統の「Take Me Out to the Ballgame」を、試合終了後は「Go! Cubs! Go!」を観客全員が熱唱するあたり、流石は野球の母国と感じました。

カブス人気は街を歩いていても随所に感じることが出来、多くの人がカブスの帽子やTシャツを日常のファッションに取り入れているほか、Bar等でも「試合放映中」というサインをよく見かけます。Boothでもそれは例外でなく、野球ファンだという話をしたところ、是非一緒に観に行こうという話で盛り上がることが出来ました。

シカゴは野球のみならず、アメリカンフットボール、バスケットボール、アイスホッケー、サッカー等、様々なプロスポーツチームを擁し、スポーツ好きには溜まらない街です。またBoothにおいても様々なスポーツクラブの活動がある他、スポーツの分析を通じてビジネスに通ずる分析手法を学ぶ「Sports Analytics」という授業が開講されています。友人作りのきっかけや余暇の過ごし方として、スポーツを考えている方にはシカゴ(Booth)は非常にお薦めの選択肢となっております。

天然芝のグラウンド。遠くにはミシガン湖も見えます。

天然芝のグラウンド。遠くにはミシガン湖も見えます。

球場内にあるルーフトップバーでホットドッグやビールに舌鼓を打つ人々

球場内にあるルーフトップバーでホットドッグやビールに舌鼓を打つ人々

救援で上原選手も登板

救援で上原選手も登板

ビールの売り子も日本のそれとは大きく異なっておりました

ビールの売り子も日本のそれとは大きく異なっておりました