Academics

MBA/MPCS Joint Degree Program について

Class of 2019のRYです。今回は、MBA/MPCS programについて紹介させていただきます。

プログラム概要

MBA/MPCSは、Chicago Booth MBAとcomputer scienceの修士を二年間で取得できるプログラムです。MPCSそのものの歴史は長いですが、BoothとのJoint degreeプログラムはビジネス・テクノロジー双方に通ずる人材が必要という時代の潮流を受け、一昨年に開設されたばかりです。

Booth MBAに加え、プログラミング、システム、データベース、アルゴリズム、機械学習、アプリやウェブ開発など、様々な領域を学んで修士を二つ取得できる「おいしい」設計になっています。CSの授業は、MPCSの学生にまざって受講します。

現時点ではJoint program生は一学年20名前後と少人数ですが、受験生・在学生の関心も高まっており、今後よりメジャーなプログラムになっていく可能性もあろうと思います。初心者も歓迎しており、CSの経験は不問です(私自身、初歩的なプログラミングすらしたことありませんでした)。選考はBoothと別プロセスで、Booth合格後(もしくは入学後)Joint degreeにアプライすることも可能です。

卒業要件は、MBA 14 + MPCS 7 = 計21単位。加えて、(試験合格によって免除可能な)数学・プログラミング科目が2単位あります。つまり、未経験者の方は、通常のMBA 20単位に対し、23単位を履修します。

体験談(一年目のみ)

冬学期

  • Concepts of Programming: プログラミング未経験者向けのprerequisite科目。言語はPythonを使用。初心者向けとはいえ進行は早く、課される宿題も難解。学期を通じ、かなりストレッチさせられた印象。が、食らいついているうちにPythonの基本が一通り身につき、とても充実した内容だった。
  • Discrete Mathematics: 離散数学というcomputer scienceに欠かせない分野。内容は論理と証明、数の理論、組合せ論、グラフ理論など。文系出身者にとっては、半分は受験数学のおさらい、半分は新たな分野、のイメージ。

春学期

  • Python Programming: 必修プログラミング科目としては、JavaやCなど他の言語を選択することも可能だが、筆者は深堀りをしたいと思い、先学期学んだPythonを選択。より体系的かつ広範囲に、様々な問いへのコードが書けるようになった。
  • Algorithms: アルゴリズム理論を学ぶ必修科目。並び替えや最短経路の算出など、問題を解くにあたった「コンピュータの手順化されたモノの考え方」について理解を深める。未経験者には難解で、多くの学生が苦労する科目のひとつ。が、真剣に取り組むと実社会への応用なども見えてきて、極めて知的好奇心をそそられる内容。

どんな方に向いているか

以下のような方は、本プログラムの良さを最大限に享受できると思います。

  • テクノロジーに関心があり、理論的背景をしっかりと学びたい方
  • テック業界への転職を考えている方
  • 卒業後、IT・データ・イノベーションをテーマとするプロジェクトや部署に関わりたい方
  • 「これからの経営人材はテクノロジーのリテラシーは不可欠」というビジョンのある方

一方、CSに要する勉強時間は長く、負担が大きいのは事実です。CSをすでに一通り学んだ方、テクノロジーが学びたいことの柱のひとつでない方には、うまみは少ないかもしれません。

まとめ

Computer scienceという学問は、data analyticsやentrepreneurshipといったBoothの注力分野との親和性も高く、当プログラムはひととおりMBAの経験もしながらもうひとつ「武器」を備えさせてくれると思います。IT・データ・イノベーションの分野で活躍したい受験生の方は、ぜひ挑戦してみてください。

Chicago Booth Summer Business Scholars Program (SBSP)

Chicago Boothは日本において主にFull-time MBA, Executive MBAプログラムが知られてますが、学部生・若手プロフェッショナル向けの短期プログラム(Summer Business Scholars Program)も存在します。

夏休み3週間の間に、ビジネスの基礎知識、分析手法等といった、実践的な教育を受けることが可能なプログラムです。また、同時にChicago Boothのコミュニティに触れることもでき、シカゴに住む経験を得ることができます。
プログラム修了生は、ゴールドマン・サックス、グーグル、マッキンゼー等の会社で勤務している人もおり、中にはChicago BoothでMBAを取得した人もいます。

詳細はこちらから。
(2018年夏のプログラムに応募する場合、Round 3の期限は4/10です)

LEADを終えて

こんにちは。Class of 2019のL.Tです。先々週より本格的なRecruiting Seasonが始まり、Boothにも連日多くの採用担当者の方が来訪されて活気づいています。

さて、9月初め~10月中旬までLEAD(Leadership Effectiveness and Development)というプログラムを受けました。LEADはBooth唯一の必修科目で、内容については既にこちらで紹介されておりますので、今回は私個人の独断と偏見で特に印象に残ったポイントのみをシェアしたいと思います。

1.かなり内省的なプログラム :私はLeadership教育=対外的な発信力を高める、といったプログラムを連想していたのですが、受けた印象としてはずいぶん内省的な「振り返り」が多かったです。全6回のそれぞれに”Personality”や”Group Process”等のテーマが定められているのですが、どの回も自己評価→ワーク→他者からのフィードバック→再び自己評価、というプロセスで、「自分のスタイル(くせ)は何なのか」を繰り返し考える機会が設けられていました。私の場合、このプロセスを通じて自分の強み(Active Listenerであること)はグローバルでも活かせるという発見がある一方、改善点(Initiativeを積極的に取ること)もよく理解できました。私は前職で人事経験があるのでよく分かるのですが、この「自分で気づく」というプロセスは生産性の高い学習をする上でとても大事な要素であり、LEADはそれを上手く組み込んだプログラムだなと感心しました。

2.結構ディープな話をする: LEADテーマの一つに”Cross-Cultural Communication”という回があり、文字通り異文化コミュニケーションについて考えるのですが、単に国籍や文化が違うというだけではなく、アメリカ社会に存在する肌の色や宗教観の違いから生じるミスコミュニケーションにも踏み込んでおり、かなりディープな話をしました。私のSquad(8人1組のチーム)には宗教マイノリティやLGBTのクラスメートもおり、これまでの人生で経験してきたミスコミュニケーションを「その人の言葉で」語ります。私の場合は縁あって障がい者コミュニティに長く携わってきたので、障がい者文化と健常者文化の境に立つ立場として感じてきた難しさを説明しました。2年生のファシリテーターからは「Booth生は、将来的に社会のリーダーになった際、同僚や部下と異文化コミュニケーションを取る可能性が高い。その時にいきなりではなく、今からあらゆる文化・人と接する『可能性』について考える機会にしてほしい」との言葉がありました。もちろんメンバーのバックグラウンドや信頼関係によるところが大きいですが、個人的には相当Takeawayが大きい体験だったと思っています。

3.MBA2年間の方針策定期間: LEAD初日にファシリテーターから受けた導入の言葉が印象的でした。「MBA2年間はプロスポーツ選手で言う『オフシーズン』に当たる。あなたたちはこれまでビジネスの世界で『オンシーズン』を潜り抜けてきたが、自分が(恐らく最後の)このオフシーズンに何をしたら良いのか、LEADを通じて考えてほしい。筋トレをする・フォームを矯正する・パーティーを楽しむ。人によって過ごし方は違うと思う。オリジナルのMBAを作ってほしい。」この言葉はいかにもBoothらしいと思いますし、LEADらしいと思います。比較的時間に余裕のある最初の期間に、LEADを通じて自分の強み・弱みを振り返り、向こう2年間でのTo Do Listを作るというプロセスがしっかり準備されていて、自分の過ごし方を再設計する良い機会になりました。実際、私の場合はこれを機会に、自分の弱みを克服することを念頭にいくつかのプログラムを探し、自身をストレッチさせるべく取り組んでいます。

私のSquadはかなり仲が良くなり、先日皆でDinnerを企画したのですが、Recruiting・中間試験の準備が重なる忙しい時期にも関わらず(2年生のファシリテーターも含めて)全員が集まるというとても強い結束力を見せました。このような経験も相まり、LEADは私にとってとても満足度の高いプログラムの1つです。受験生の方は個別学校の深堀り中かと存じますが、上記もBoothのイメージを膨らませる参考にしていただければ幸いです。

 

尚、この場を借りての告知となりますが、11月14日(火)の23:00-24:00(日本時間)にJapan ClubのLive Chatを開催します(登録はこちら)。授業や課外活動・Recruiting等、様々なトピックについてBoothを知る絶好の機会ですので、是非お申込みください!

Richard Thalerがノーベル経済学賞を受賞しました!

今週月曜日、ノーベル経済学賞の受賞者が発表され、Chicago Boothの教授であるRichard Thalerが受賞しました。

Thaler教授は、行動経済学の第一人者と言われており、本分野の発展に多大に貢献したのが受賞の主な理由でした。"Mental accounting"や"nudge"等のコンセプトを生み出し、研究内容の影響は学会に留まらず、イギリス政府が彼の提唱コンセプトに影響を受けてBehavioral Insights Teamを設立する等、実社会にも影響を与えました。

月曜日のシカゴ時間早朝に発表された後、同日11時に記者会見がHarper Centerで開かれました。会場は生徒・マスコミで埋まり、受賞することの凄さ、そしてノーベル賞受賞者90人を輩出したシカゴ大学の凄さを改めて感じることができました。在学中にこのようなイベントを生で見れるのは滅多にないことなので、非常に思い出深い朝となりました。

 

記者会見

 

 Thaler教授によるスピーチ

Thaler教授によるスピーチ

 生徒及びマスコミ。Harper Centerってこんなに人が入るんだ、というぐらい人が多かったです

生徒及びマスコミ。Harper Centerってこんなに人が入るんだ、というぐらい人が多かったです

 Harper Centerの壁に貼ってある、Thaler教授の紹介。彼以外の教授も沢山紹介されてます。

Harper Centerの壁に貼ってある、Thaler教授の紹介。彼以外の教授も沢山紹介されてます。